ばね指・ドケルバン病(手の腱鞘炎の一種)にも

HP担当細川です。
昨年末あたりに「からだLab」として新しい取組を始めました。
その名もぉぉ…
「ヨミガエルからだ」

大層な名前なんで変えるかもしれませんが!
「ツライからだ」を「使いやすいからだ」へ
からだを甦らせたい!
安藤がそんな思いをもって始めた取組なんです。

今回は「ばね指」で長い間(5年)お困りのお客様がお越しくださいました。
「どんな効果となったか?」を見て頂きたいのですが、そもそも「ばね指」ってどういう症状?を簡単に言うと…

指は「腱」によって曲げることができますが、
①指の腱に炎症(腱鞘炎)が起こる。
②腱鞘炎ひどくなると「引っ掛かり」が生じて指の曲げ伸ばしがしづらくなる
③細かい動作や滑らかな動作が出来ず、ゆびが「ばね」のように弾かれるようになる。

ばね指イメージ 引用:日本整形外科学会HPより

私は経験したことないのであくまで想像ですよ…
きっと、ごはんを食べるときのお箸やスプーンやフォークを持つとき
お風呂に入って体を洗ったり、体をふくとき
飲み物のカップを持つとき
スーパーでお金を払おうと小銭を掴むとき etc
「物を掴む」動作を行うとき全てに、ツライ思いを感じてしまうと思います。
そもそも腱鞘炎なんで「痛み」もずっと感じているはずだと思うんです。
そんな痛みがある中さらに、「手を使う動作」=「日常」に「うまく出来ないもどかしさ」がつきまとう。
痛み等の症状に加え、莫大なストレスを感じてしまう。
とてもツライ症状だと思います。

そんな症状に5年以上もの付き合いです。
他人では理解できないしんどさ、ツラさがつきまとっていたのだと思います。
もちろん医者にかかって治療をしていたそうです。
でも治療だけではよくならず、最終的に諦めて5年の付き合いになったそうです。

そして今回ご縁からGooth安藤の元にお越しくださいました。

ではお待ちかね!?の効果ですが…

5年もの長い間、本当にこれ以上曲がらなかった指(Before)が…
深く曲がる(After)ようになりました😁
ちなみにこれたった1回しただけです
5年間も諦めていたコトがたった1回で効果が見えたんです🤣

手を返して握ってみても、やっぱり握りが深く(After)なっています。

もちろんまだ始まったばかり。
今後何回か行っていきます。
でも一回で「目に見える」までに指が曲がったのでビックリです!
それほどまでに「5年」は長くツライ期間だったと思います。

ちなみにタイトルにもある「ドケルバン病」。
これも「腱鞘炎」の一種。
これにも効果があります。

その名もぉぉ…
「ヨミガエルからだ」
「ツライからだ」を「使いやすいからだ」へ
からだを甦らせたい!

医療行為ではございません。
でも「ツライからだ」のことでお悩みがあれば一度ご相談ください。
Gooth安藤にお手伝いできることがあるかもしれません。

筋肉や関節がほぐれ、可動域が広くなる。
なんとも表現しづらいあの痛みやツラさを改善して
「使いやすいからだ」に変えてみませんか?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)