Goothで扱う「子ども靴(WMS規格)」の履き心地って?②

さて今回も
からだLab Goothで扱っている
WMS規格のこども靴「Super Fit」
履き心地をお伝えできたらと思います。

前回は→こちら

足に馴染んで
素足に近い感覚になる靴

そう思った理由の2つ目です

感じたこと②
かかと部分は
しっかりとしていて
吸い付くようにフィット

以前比べたように、
日本の靴と比べると
かかと部分が絞り込まれています。
参考:Goothで取り扱っている靴➁

←日本の靴 WMS規格の靴→

窮屈そうに見えるかもしれません。
でも考えてみてください。
かかと部分が余っている
「ぐずぐず」だとこうなるんです。

実際に履いてみると、
これがよくわかりました。

かかと部分に
「キュっ」と吸い付いて、
歩くたびに靴がぴったりと
足に付いてきてくれる。

そんな感覚なんです。

もちろんかかと部分も
しっかりした素材で、
足を支えてくれます。
でも「固い」感じではないんです。

足に吸い付いてくるように
まさしく「フィット」
する。
そんな感覚でした。

これが
素足に近い感覚になる靴
だなと感じた2つ目の理由です。

さて実はまだ理由があります。
が今回はここまで

きょうも来ていただいて
ありがとうございます!

【記事を書いている人】細川浩章




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)