男は靴をこう選びがち!2

いい足 いいあした」担当の細川です。

前回は「そもそも足を測ったことがない」

ということを書きましたが、

ここからが「男は靴をこう選びがち」の大本命

だと思っています。

 

男の靴選びであるんじゃない?その2】

自分の足よりかなりおっきいサイズの靴

を選びがち(最低26cm以上)

おっきいサイズ(最低26cm以上)を選ぶ理由は

3つの要因が複合していると思ってます。

 

【おっきいサイズを選びがちな要因1】

幅や厚み(足囲等)を考慮して選んでいない

靴に横幅があるのは知っているけど、

自分の足囲や幅がどれに合うか知っていますか?

自分の足の横幅を測ったことない・知らない

っていう方はそもそも横幅に興味はないんです。

また、デザインや価格だけで靴をえらぶ場合も、

横幅は1サイズのみで下手すれば表記すらない。

横幅が選べないことも結構多いんです。

だから横幅を無視して靴をえらぶしかないんです。

 

自分の足に合わない靴で歩くことは

歩き難さや足の痛みに直接影響します。

でもどれぐらい影響があるのか?は

周りも言わないし、誰も教えてくれない。

→前回:サイズを間違えて痛かった経験←

なかなか「足が痛いんだよねーっ」て言わないし

まわりの人からもあんまり聞かないですよね…

靴を選ぶ基準も「デザインや価格」が中心です。

前回も書きましたが

『靴 (歩く) の機能』を発揮するためには、

「今の自分の足にあう靴を履く」事が大前提です。

でも『価格やデザイン』が基準であって、

「 幅や厚み(足囲等)まで考慮したサイズ 」は二の次!

というのがどうかんがえても現状なんです。

靴を選ぶ大前提が無視されている状態なのです。

 


【おっきいサイズを選びがちな要因2】

靴紐を全部ゆるめてためし履きしていない

「これが一番サイズに影響しているんじゃないか?」

と考察しています。(あくまで私の仮説ですよ!)

靴紐を全部ゆるめて履くことで

『足囲や足の厚み』にあう靴を選ぶ事ができるんです。

 

大事なことなのでもう一度!

 

靴紐を全部ゆるめて履くことで、

縦』サイズではなく

『横幅』や『足の高さや厚み』に合う靴を

ようやく選ぶ事ができるのです。

 

①靴ひもを全部ゆるめて履いて

②ゆるめた靴ひもをしっかり根本までしめて

ためし履きして靴を選んでいますか?

足をいれるところだけひもをゆるめて

ためし履きしている方はNGです!

 

面倒だな…と思いました?

私もこれをしていませんでした…

でもね…

自分の足にあう靴の快適さを知ったら

真剣に靴選びをするように自然となります!

それは、靴選びでこけてしまうと

靴を買いかえるまでの何か月ものあいだ

足がすぐ疲れて 歩きたくなくなるぐらい

痛くて嫌な思いを毎日しなければならない

ことを知っているからです…

本当に歩くのがいやになるんですよ…

どうせおなじように過ぎていく一日ならば、

楽しく快適に過ぎる一日がいいじゃないですか!

靴選びでなんでもない1日が快適に過ごせるなら、

面倒だと思う気持ちはぶっとぶと思いますよ。

いまの私にとっては大事な動作です。

 

【おっきいサイズを選びがちな要因3】

男の意地!(26cm以上こそ意地!)

恥ずかしいんですが…私にはありました。

男とはなにかにつけ

平均より「小さい」(足りない)のはいけない!

と思いこんでるんです。

どこで植え付けられたかはわからないし

この固定観念がなんなのかはわかりませんが…

靴のサイズは26cm以下は小さい!

そうおもってたんです…

だから、25cmクラスなんて眼中にもなかったし、

試しに履こうともしなかった。

多分靴屋で26cm以下の男物サイズが

極端に少ないからそう思い込んでいたり、

周りの人たちの靴のサイズをいつのまにか耳にして

「25cm台って小さいんだ」とか思い込んでたり…

身長も日本人男子平均は170cmとか聞きますよね。

平均以下だと、

「えぇー平均以下の男なんて〇〇〇(放送禁止)」

なんてテレビで言ってることを真に受けたり。

「小さい」(足りない)ことに対して肩身が狭いこと!

なんか罪でもおかしました!?っていうぐらい

「小さい」(足りない)ことに厳しいんですよね。

小さい(足りない)と「人にあらず」ぐらいの言われるもの

例:懐、財布、心、身長、年収、人脈、こころざし etc

「男の意地!」という一番しょーもない理由に

一番長く語るあたりに男(私)の浅さがにじむのです!

でも、それぐらい「26cm」という数字は

男が靴をえらぶ意識のうえでぶ厚い壁だ!

と思っています。

実際に男性に聞くと「26cm」以上の靴の人が

ほとんどだと思ってますよ。

よければ女性のかたは、旦那さまや彼氏さま、

会社の男どもに靴のサイズをたずねてみてください。

感覚ですが、あまり間違いないんじゃないかなと思います。

でも実際は「26cm以下」靴が最適の人が

めちゃめちゃ多いとも思ってるんですよ。

(おもいっきり偏見だったらごめんなさい)

何故そんな最低が26cm以上の靴選びになるか?

それが男の意地!(ミエ)ってなもんです。

どうぞ笑ってやってください( ´艸`)

私がそうでしたから!

 

といろいろ書いていきましたが、

遠からずひとつでも当てはまった男性は、

1時間ほども歩くと足が疲れてしまう靴や、

足が痛くなって歩きたくなくなってしまう靴を

わざわざ選びがちになるんです…

どうしてそういうことになるのか?

次回につづきます。

きょうも来ていただいて

ありがとうございます!

【記事を書いている人】細川浩章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です